悠久の 歴史を超えた 只中で 転換点に 辿り着いたか

FC2版にも投稿したが、平成二十五年は日本にとって歴史に残る転換点の年だったと思う。

zero14

 

日本映画史上の傑作

【永遠の0】
監督・脚本:山崎貴
主演:岡田准一
原作:百田尚樹
封切:平成25年12月21日

 

 

今は、今を生きる人間には俯瞰できない。

zero13

zero16

歴史として後から振り返る時、そうだったのかと認識される。


奇跡が起こった。
NHKが一万人以上の国民かから「捏造報道」だとして損害賠償を求める集団訴訟に敗訴し、賠償金支払を命じられる高裁判決が下される事など、誰が予想していただろうか?!

(この事実が全く報道されないことが大問題だが・・・)

zero18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※クリックで動画再生(以下同じ)

この変化は、来年以降にも更に加速されるであろう。
China の分裂や、米国の弱体化などにより、日本の覚醒が始まる。

何しろこれだけの事が、たった一年で一気に起こったのだ。

zero19

 

 

 

 

 

 

 

 

 

政治家は評論家ではない。
周到さが求められる。

アベノミクス「第一の矢」【大胆な金融緩和】黒田バズーカが炸裂した。
白から黒に変わっただけで、画期的な政策転換が行われた。

kuro0

 

zero20

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

abe01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大東亜会議が開催された!!!!!

jimin01 

zero23

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリッピンに「実質」空母「いせ」や、千人を超える自衛隊員を派遣した。しかも「即座」にだ。

 

たまたまLIVE鑑賞できたが、国会演説の白眉だったと思う。
mihara01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出雲大社には、大国主の命がおわす。60年に一度と、20年に一度が重なった。

izumo02

ise01

 

 

 

 

 

 

 

 

天照大御神がおわす伊勢神宮の式年遷宮。内宮の参道を歩く安倍首相(中央)。右隣は昭恵夫人。

 

koma

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あの」財務省を上回る最強の官庁「内閣法制局」に、腹心を送り込んだ!!!!!
これで来年には、集団的自衛権が確立する。

 

zero52

スパイした側も罰せられる。 普通の国になった。

 

zero51

 

NHKの敗訴を含め大きなニュースや、歴史を画す行事が目白押しであった。

naka01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

yasukuni01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大手マスコミは全くの「逆」を報道し、世間を意識的に反安倍を煽っている。
真実と程遠いウソ報道を、連日垂れ流す。
青山繁晴氏の解説は、真実を知る上でいつもとても参考になる。

歴史に偶然はない。
強い意志を持った、指導者に導かれて流れていく。

カテゴリー: 政治、経済、国際 | コメントをどうぞ

同胞を いざと言う時 助けるか 政府の判断 国民次第

映画「キャプテン・フィリップス」
・主演:トム・ハンクス
・2009年4月に、ソマリア沖で起きた実話を元にした4日間のドラマである。

cap02

海賊は機関銃で武装している。

cap03

襲われる方は丸腰である。

cap05

これが、日本人船長が乗った日本のタンカーが襲撃されたら日本政府はどうするか?という重い疑問が湧く。

「蟹は甲羅に似せて穴を掘る」という諺を思い出す。
つまり、政治家やテレビ、マスコミと国民の関係に似ている。

テレビや新聞は、国民が望んでいるニュースやドラマを制作し、番組と.して配信したり、記事として掲載する。

そして、政治家は国民が望んでいる解決方法を採用する。政治家を批判するのは容易だ。時の政権を賢しらに批評するのでは、テレビに出てくるコメンテーターと同じである。

当事者として、自分に何ができるかを常に考えて、行動できるようにしたい。
以前にも書いたが、還暦を迎えて新しい事を始めたい。
それには正しい情報を仕入れて置くことが大事である。

カテゴリー: 政治、経済、国際, 新聞を読んで | コメントをどうぞ

物語 前後左右に 駆け巡り 辿り着いたら クライマックス

日本自立のためのプーチン最強講義
北野幸伯 著 2013.11.30 集英社

FC2版でも書いたが、あまりにも面白くて一気に読了した。

pu03

文章も凄く面白いが、挿絵も傑作であり解りやすい。

メドベージェフが北方領土に
李明博竹島に
香港の活動家が尖閣に

この裏には、「ある事」があったという。(P.39)
更にプーチンは、「孤立してはならない」と言う。(P.76)

pu04

 

開戦前の当時の状況は、「孤立した日本と、大国を仲間にした中国との戦いだった」
と、北野氏は「解説」する。

面白い事に、「現在」の北野氏と、解任された直後のプーチンが、パラレルに描かれる。
登場人物も「実在の人物とは一切関係ない」と言いつつ

安倍首相が矢倍だったり、石原共同代表が岩原だったり、実在の人物をダイレクトに連想できる名前になっている。

・エネルギー政策(P.181)
・デフレ対策(P.243)
・核武装問題(P.299)

等々が、縦横無尽に語られる。
そして、クライマックスの最終章(エピローグ)に辿り着く。

pu05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の感想だが、このプーチン「最後のスピーチ」(P.327)は、「安部首相はこの本を読んでいるの
ではないか」と、思うほど安倍首相の政権運営と合致する。

今年読んだ本の中で、人にお薦めしたい本No.1である。

カテゴリー: 政治、経済、国際, 読書 | コメントをどうぞ

ふりつもる み雪にたへて いろかへぬ 松ぞををしき ひともかくあれ

「あきのくに」さんのブログ「我が国のかたち」表紙の背景と、表紙に記述された御歌である。
終戦の翌年に詠まれた、昭和天皇陛下の御製である。

111401

 

東京地区では放映されないが、関西テレビで毎日16時から生で放映されている「スーパーニュースアンカー」という番組がある。

私の大好きな「青山繁晴」氏が、時々のニュースを毎週水曜日に「一緒に考えましょう」というスタンスで解説してくれる。

有志の方々が、頻繁にyoutubeに放送内容をUPして下さるのだが、著作権の関係であろうか削除されてしまう。その貴重な映像をご自身のブログで、視聴できるようにして下さっている。

青山繁晴氏は独立総合研究所という会社の経営者で、ご自分では「実務家」と称しているが、私に取っては、素晴らしいジャーナリストでもある。

111402

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

政界財界など各界との豊富な人脈を通じて、必ず裏付けを取った正確な「報道」「解説」をして下さっている。昨日の収録内容も解りやすかったが、先週の収録内容も沖縄の問題と「日本版NSC」と絡めて解説して下さっている素晴らしい内容となっている。

2013/10/09の解説も、日本と米中関係を考える上で貴重な情報を提供して下さっている。

カテゴリー: 地域情報, 政治、経済、国際 | コメントをどうぞ

終戦の 決断なされ 救われた 埋もれた事実 白日のもと

日曜日の今日も、四ツ谷で仕事である。
しかし、日曜日の四ツ谷ならではの楽しみもある。

paul50

 

四ツ谷の駅ビルであるアトレは、無料の木目調スペースもあるし、美味しいパン屋さんも入居している。

mokume50

昨日も仕事で、四ツ谷に来たし、日曜日の今日も四ツ谷三昧である。
仕事で忙しい時ほど、余裕を持ちたい。

eiga50

仕事の合間に、渋谷で映画を見てきた。

eiga001

ハリウッドが生み出した。歴史サスペンス大作として一級品の仕上がりだと思う。

戦後の真実や、戦争中の人間模様は教科書や報道では殆ど知らされていない。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

出版の ハードル下がり 安くなる 日本人なら スキルは高い

wikiによると、日本語のブログ数は世界一だそうだ。
日本は識字率が高いどころではなく、ITリテラシーも世界最高峰だという証左でもあると思う。

お友達が、kindle本を出版した。

kiichi001

この友達とは、2013年3月から参加させて頂いている、勝間塾の勉強会グループで知り合った。
この方は、SE経験が30年以上あるので、システムにお詳しい。

この方が出したkidle本は定価99円なので、購入ハードルが低かった。

元々、勉強会やその後の懇親会で、出版に纏わる表と裏のお話はお聞きしていたので、躊躇なく正式版をダウンロードした。

実は私も、FC2ブログからWordPress(WP)に変えた時、FC2に投稿した記事もWPに移行する予定だった。

しかし、画像は移行できない事を知って、引越しを断念していた。

ところがこのお友達の本を読むと、画像を移行できるワザが記述されていた。
巡集というフリーソフトを利用する。

kiichi003

 

 

 

私のFC2データは、

kiichi002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

32分51秒で集収できた。

この巡集というフリーソフトの本来の目的は、サイトの表示に必要なテキストや画像のデータを自分のPC上にダウンロードして、オフラインの状態でもサイト表示が実現するソフトである。

取り敢えず 集収終わり 格納す 次の作業は PC2クラウド

余り時間をかける訳にもいかないので、次の作業は次回以降で投稿する。

カテゴリー: WordPress, 読書 | コメントをどうぞ

もしかして 一挙両得 自転車は 身体動かし 若さを保つ

トレーニングを兼ねて、自転車通勤を始めて約3ケ月経過した。

map001

 

 

 

 

 

 

 

自転車での往復30kmは、程よい運動に思える程度の慣れを感じるようになった。

先程も投稿したフォトリーディングの手法は、自転車で走っている時の視野に似ていると思う。
時速30km程度のスピードで走っていると、目の前の光景をフォトとして見ている。

特にカーブミラーを見て一瞬で判断しなければ、事故が起きる。
後ろから迫る排気音が低い自動車の僅かな音に気づかなければ、危険度が増す。

視覚や聴覚だけではなく、不思議と嗅覚も敏感になる。良い花の香りで、綺麗な光景がフォトとして脳に写し込まれる感覚がある。

カテゴリー: トレーニング、健康, 読書 | コメントをどうぞ

絵で見ると 既視感が有り 思い出す 五感発揮で 脳に定着

フォトリーディングという、本の速読手法がある。

katuma001

勝間塾の6月の月例会で取り上げる。

一言で言うと「良い本だ」。
しかし、タイトルから受けるイメージとはかなり違う。

本ををパラパラめくりでひと通り目を通すのであれば、一冊の本は数十分で終わる。
フォトリーディングとは、準備と後処理が重要なのである。

準備とは目的の明確化や、その目的に応じた価値があるかの判断などだ。
理想的な心理状態にしておく必要もある。

そして、後処理がある。
スーパーリーディングとディッピングで、読んだ結果を活性化しなければならない。
更に、活性化の結果をマインドマップに書きだすのだ。

そこまでやって、記憶として定着し実践可能なスキルとして活用できる。
マインドマップの事に関しては、別途まとめたい。

カテゴリー: 読書 | コメントをどうぞ

筋肉は 落ちずに 油落ち 水が増えたら 肌も綺麗に

還暦を期して、2013/03/01から生まれ変わった気持ちで、トレーニングを強化した。
前回は、2013/05/01に測定した。
2008/11/30の私が、55歳の時のフィットネスナビゲータの記録と比較すると面白い。

0603zu001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水も滴るいい男(女)」という言葉がある。広辞苑によると、「きわだって美しく色っぽい人を-水の滴るよう-と表現する、らしい。
美しくなることは出来ないが、身体の水分率は、筋肉量比率と比例する。

トレーニングを続けると、結果が数字に現れる。

0603hyo

 

トレーニング強化以来、3ケ月が経過した。
結果、体水分量の比率が60%台に乗った。男性の平均値程度にはなったようだ。

重要な事は、「健康の維持とは、良い仕事を継続する手段」と、言う事である。
私は、一生現役を続ける所存だ。

従って、人生の目的である「良い仕事」を遂行したい。
その為には、もっともっとWordPressに熟達したい。

カテゴリー: WordPress, トレーニング、健康 | コメントをどうぞ

正解は 自分の頭で 考えて 幸せなのかは 心に聞くさ

「哀愁」・・・よくぞここまで、と思うほど良いタイトルだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

淀川長治(故人)氏の名解説だ。
元々の話を「映画会社」が、如何に「美しい」物語にしたのかという事が解りやすく語られている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロバート・テイラー:英国軍クローニン大尉そして、
ビビアン・リー:バレリーナのマイラそして、

現在の日本人は、美しいお花畑の中で生活している。
しかし、綺麗で清潔な状態は脆い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪市長である橋下氏発言の、問題の根は深い。

佐波優子氏が、「女性と話した慰安婦の話」を語っている。
佐波氏は、12年かけて、いわゆる「慰安婦」について、女性の意見を聞き話しあってきたという。
「吐いてしまうほど気持ち悪い」 とか「嫌悪感を感じる」などと、話し合い以前の反応が語られる。

政治家は票を失いたくない。
有権者のざっと半分は女性である。

外交も同じだ。
日本を貶めるような言動で、国内人気を維持しようとする。
日本の同盟国である米国議会へのロビー活動で、日本の立場を弱くさせる。
相対的に自国が優位に立てると踏んだ、国家戦略であろう。

戦争とは直接侵略だけではない。
日本は間接侵略という「宣戦布告なき」戦争を仕掛けられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

政治家が正式な外交の場で、「いわゆる従軍慰安婦」問題を正当化しようとしても、有権者を
恐れる相手国の選良は、日本の言い訳に耳を貸す訳にはいかない。

日本人のメンタリティとして「目には目を」「歯には歯を」という気持ちを持ちにくい。
しかし、相手が侵略して来るのを無効な防御策では、身を守る事はできない、

難しい 銃弾のない 攻撃を 躱す手立てか 反攻するか

カテゴリー: 政治、経済、国際, 新聞を読んで | コメントをどうぞ