月別アーカイブ: 2012年8月

誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに

藤原 興風(ふじわら の おきかぜ、生没年不詳)は、平安時代の官人・歌人。藤原京家の出身、参議・藤原浜成の曾孫。相模掾・藤原道成の子。官位は正六位上・治部少丞。三十六歌仙の一人。百人一首の34番目だ。 普通の解釈「一体誰 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな

藤原 道信(ふじわら の みちのぶ)は、平安時代中期の公家・歌人。太政大臣・藤原為光の三男。中古三十六歌仙の一人。百人一首の52番目だ。 「夜が明けてしまうと、また日が暮れて夜になる(そして、あなたに逢える)とは分かって … 続きを読む

カテゴリー: 万葉集、百人一首等の和歌, 政治、経済、国際, 新聞を読んで, 未分類 | コメントをどうぞ