カテゴリー別アーカイブ: 読書

ひさかたの 投稿したが どうなるか 無理はするまい 残暑厳しく

2016/08/20,08:00 久々の新規投稿です。これからは、投稿頻度を 上げる所存です。今回の投稿コンテンツは、カテゴリ「読書」で私が思う ベスト5をご紹介します。 まずは「その1」からです。   &nb … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントをどうぞ

物語 前後左右に 駆け巡り 辿り着いたら クライマックス

日本自立のためのプーチン最強講義 北野幸伯 著 2013.11.30 集英社 FC2版でも書いたが、あまりにも面白くて一気に読了した。 文章も凄く面白いが、挿絵も傑作であり解りやすい。 メドベージェフが北方領土に 李明博 … 続きを読む

カテゴリー: 政治、経済、国際, 読書 | コメントをどうぞ

出版の ハードル下がり 安くなる 日本人なら スキルは高い

wikiによると、日本語のブログ数は世界一だそうだ。 日本は識字率が高いどころではなく、ITリテラシーも世界最高峰だという証左でもあると思う。 お友達が、kindle本を出版した。 この友達とは、2013年3月から参加さ … 続きを読む

カテゴリー: WordPress, 読書 | コメントをどうぞ

もしかして 一挙両得 自転車は 身体動かし 若さを保つ

トレーニングを兼ねて、自転車通勤を始めて約3ケ月経過した。               自転車での往復30kmは、程よい運動に思える程度の慣れを感じる … 続きを読む

カテゴリー: トレーニング、健康, 読書 | コメントをどうぞ

絵で見ると 既視感が有り 思い出す 五感発揮で 脳に定着

フォトリーディングという、本の速読手法がある。 勝間塾の6月の月例会で取り上げる。 一言で言うと「良い本だ」。 しかし、タイトルから受けるイメージとはかなり違う。 本ををパラパラめくりでひと通り目を通すのであれば、一冊の … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントをどうぞ

夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿るらむ

清原深養父(平安時代中期の歌人。曾孫に清少納言がいる。)が詠んだ句である。百人一首の36番目だ。 「夏の夜は短い。まだ宵だと思っていたのにもう明けてしまった。こんなに夜の明けるのが早くては月も西の山まで行きつけないだろう … 続きを読む

カテゴリー: 万葉集、百人一首等の和歌, 政治、経済、国際, 読書 | コメントをどうぞ