カテゴリー別アーカイブ: 新聞を読んで

新聞を 比較したなら いとをかし 東京突出 朝日逃げ出す

東京新聞の記事だけを読んでいる方もいると思う。                 ここまで徹底していれば、気持ち悪いを通り越して、むしろ爽やか … 続きを読む

カテゴリー: 政治、経済、国際, 新聞を読んで | 1件のコメント

あらざらむ この世のほかの 思ひ出に 今ひとたびの 逢ふこともがな

2015/03/27(金)産經新聞朝刊一面 京都府警、神奈川・島根・山口県警の合同捜査本部は、03/26に朝鮮総連の議長宅を家宅捜索した。 「拉致再調査へ圧力」という白抜きの見出しで、この「捜索」「逮捕」の意義を強調して … 続きを読む

カテゴリー: 万葉集、百人一首等の和歌, 新聞を読んで | コメントをどうぞ

同胞を いざと言う時 助けるか 政府の判断 国民次第

映画「キャプテン・フィリップス」 ・主演:トム・ハンクス ・2009年4月に、ソマリア沖で起きた実話を元にした4日間のドラマである。 海賊は機関銃で武装している。 襲われる方は丸腰である。 これが、日本人船長が乗った日本 … 続きを読む

カテゴリー: 政治、経済、国際, 新聞を読んで | コメントをどうぞ

正解は 自分の頭で 考えて 幸せなのかは 心に聞くさ

「哀愁」・・・よくぞここまで、と思うほど良いタイトルだ。                 淀川長治(故人)氏の名解説だ。 元々の話を「映画会 … 続きを読む

カテゴリー: 政治、経済、国際, 新聞を読んで | コメントをどうぞ

ハフ姉御 日本上陸 実現し 何はともあれ チャンネル増えた

ボーイング787のトラブルで、大損害を被った日本の航空会社は、ローンチカスタマーとして 当時は寧ろ、鼻高々だったと思われる。   (記事内容は2011年6月末時点のもの) その誇りあるローンチカスタマーが、今度 … 続きを読む

カテゴリー: スマホ、携帯電話、PHS, 新聞を読んで | コメントをどうぞ

受け身では こうは行かない 取りに行く しっかり録画 感動場面 

感動の場面は、本来なら自分の実体験が最高だ。 しかし現場迄行けない場合は、「現在の所」テレビ映像より優位に立つ媒体は ないだろう。 音声と動画の組み合わせは臨場感があり、現場に居るのに準じた感動がある。 録画したテレビ映 … 続きを読む

カテゴリー: クラウド, スマホ、携帯電話、PHS, 新聞を読んで | コメントをどうぞ

判断は 調査してから 何事も テレビ新聞 キュレーションかも

通称ガラケー(FP:フィーチャー・フォン)の世界で、「N」は別格の時代があった。 折りたためるケータイは、それまでのストレートタイプとは一線を画した。 「使い良さ」「格好良さ」「美しさ」 は、別格であった。   … 続きを読む

カテゴリー: スマホ、携帯電話、PHS, 新聞を読んで, 未分類 | コメントをどうぞ

明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな

藤原 道信(ふじわら の みちのぶ)は、平安時代中期の公家・歌人。太政大臣・藤原為光の三男。中古三十六歌仙の一人。百人一首の52番目だ。 「夜が明けてしまうと、また日が暮れて夜になる(そして、あなたに逢える)とは分かって … 続きを読む

カテゴリー: 万葉集、百人一首等の和歌, 政治、経済、国際, 新聞を読んで, 未分類 | コメントをどうぞ

週末の 戦の裏に 何が棲む しのぎを削る ようには見えぬ

青山繁晴氏が語る http://ameblo.jp/blogdetox/entry-11305783552.html 既存マスコミ大手の衰退を感じたのは、いつの頃だったか。 記者クラブ制度という相互扶助的な制度が鼻につき … 続きを読む

カテゴリー: 政治、経済、国際, 新聞を読んで | コメントをどうぞ